Calendar
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ダイレクトマーケティングの昨日・今日・明日。
そして、通販プランニング歴21年。プロの目とリアルユーザーの直感を持つ、女性プランナー視点を綴る。
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
アマゾンで「販売セールスジャンル」1位?!

 金曜の夜は、「販売・セールス部門」で1600点中99位。
これって、いい数字なの?悪い数字なの?と想像つかず。
でも、買ってくれてる人がいるんだぁーと、ちょっと安心。


土曜日にもう一度検索してみると、1600点中30位ぐらいになっていた。
??なんで??
その後、20位になり、7位になり、4位になり、
ついさっきは「販売セールス」ジャンルで1位になっていた。


「販売・セールス」の上位分類である
「マーケティング・セールス」部門で見ても4900点中5位!!!
瞬間風速であったとしても、う・うれしい


いわゆるアマゾンキャンペーンなるものは何もやっていないので、
といか、知人へのお知らせメールさえまだ出していないので、とても不思議だった。


テーブルの上の新聞を片付けていて、ようやく理由が判明。
土曜日の朝日新聞に本の広告が出ていたのだ。



マス広告の力って・・・やっぱスゴイですわ




************************************

全国書店・ネット書店にて発売中!!!!
ただいま、2冊以上のお買い上げで
「売れるコピー ほいほいテンプレートプレゼント!」
→ http://moriyoko.note-cms.net/hon/

■■「3秒で女を『買う気』に
させる魔法の言葉」■■ 
講談社より5月21日発刊! 1200円(税込)


小さなお店の集客も、ネットショップの売上げも
コピー次第で大きく変わる!!

そして、買う気にさせる通販コピーのコツは、
女性を口説く手法と同じだった!
売れるコピーと、売れないコピーの対比事例が満載
さらに、女ごころの謎解きにもせまります。
 

第1章「悩みやコンプレックス」を大胆に利用する

・ライバルから頭ひとつ抜け出すコツ

・わずか数秒で衝動的に買わせる

・人の心に土足で踏み込むコピー

・販売もナンパも自信があれば成功

・お客の買う気をインパクトで後押しする

・無難なコピーでは成果は上がらない

・ネガティブサプライズが女ごころを鷲づかみ

・心の奥の弱点を見抜いた言葉

・「間違っているよ」の指摘が心を揺さぶる 

・常識をひっくり返す逆転コピー

・「お客様にはお売りできません」は、最強のサプライズの言葉

・限定することで、専門力をアピール

・通販コピーはやり手の販売員であるべき

・女ごころの内側を見つめる

 

第2章    「変身願望」を上手にくすぐる

・俺サマ系コピーは素通りされる

・ストーリー開発のない商品開発

・テストマーケティングで本音を探る

・建前と本音に揺れる女たち

・女をアピールする母親への冷たい視線

・変身願望が商品購入へと走らせる

・女が本音パワーを爆発させるとき

・女は何歳になっても「脳内乙女」

・熟女に夢を抱かせる言葉

・女たちの辞書に「年相応」はない

・欲しいものは若い頃と変わらない

・高額商品を大人買いする

 

第3章「近い将来の幸せ」を具体的に見せてあげる

・女は損得勘定に敏感

・お得の基準は、幸せの量

・商品特徴を訴求するだけでは売れない

・得られる幸せ気分をコピーにする

・専門的な話を女性仕様に翻訳

・スペックの高さと魅力は比例しない

・無謀な約束はするべからず

・根拠もしっかり説明する

・納得できる、悩み解決の根拠を説明

・相手がどう受け取るかを想像する

・難解な話をわかりやすく語る手法

・詳細すぎてもいけない 

・「?」で終わるコピーは売れない                    

・訴求ポイントを絞り込む

・優先順位とメリハリ

 

第4章 「夢のようなシーン」を具体的に描く

・女は「言い方」にこだわる

・リアル、かつロマンティックに

・パステルカラーのような言葉を使う

・女は「夢」と「可能性」にお金を払う

・モノとして売るから売れない

・どう変わるのかを具体的に描く

・未来が見えないと選択できない

・体験談は生活シーンで成否が決まる


第5章 「愛の強さ」をストレートに表現する

・愛なくしてベストセラーは生まれない

・人の情の価値を知っている世代

・逸品になる可能性を見つけ出す

・ソフト価値をプロデュースする 

・愛をみつけに現場へ行け

・愛のストーリーの主人今を探す

・プロの仕事をユーザー視点で見る

・欠点を商品特長に変える

・愛のストーリーを買うということ。

・悩み苦しんだ経験が共感を呼ぶ

・この人の商品なら信頼できるという気にさせる

 

第6章 テクニックに頼らず「クオリティ」を実直に伝える

・商品の情報をストレートに伝える

・わかりやすい言葉で、わかるように話す大切さ

・販売担当者や社長の書いたコピーが売れる理由

・商品に対する愛を本気で語る

・文章のプロであっても、商品のプロではない 

・最後のひと押しをするには?

・言葉の力を確実に発揮させる

 

| 出版 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex